初代、覚えてる?iPhoneの種類と進化を紹介

iPhoneの進化

iPhoneとは、アップル社が開発したスマートフォンの機種です。グーグル社の開発したandroid機種と違う点は、搭載されているOSやアプリの数、機種選択の自由度です。iPhoneは初代から現行モデルにいたるまで、端末の製造からOSの開発までをすべてアップル社が独占して行っているため、選べる機種の数には限りがあります。一見自由度が低いことがデメリットとして見られがちですが、インターフェイスが統一されている点や、機種の形統一されているためスマホケースなどのアクセサリーが豊富な点が、開発された初代からずっと支持を得続けている理由です。そんなiPhoneですが、初めて開発された機種が発表されたのは2007年1月のことでした。もう10年以上も前のことと考えると、iPhoneの歴史の深さ、長さが感じられるでしょう。

2007年に開発、発売された初代iPhoneにも、今の最新iPhoneと同じ機能はいくつか搭載されていました。初代から長年にわたって使い続けられる便利な機能性と、その安定性が最初から完成されていたという点が、iPhone端末が長年、たくさんの人から愛され続ける理由の一つでしょう。初代発売の翌年に当たる2008年には、次の世代であるiPhone3Gが発売されています。日本で初めて発売されたiPhoneはこの3Gです。その次には2009年、2010年、11年…と約1年間隔で新しい機種を発表し続けたiPhoneは、新機種を発表するたびに新たな便利機能と安定性の向上、パフォーマンスの改善を積み重ねてきました。画面サイズが大きくなり、画質や音質が向上し、通信速度が速くなり、と目まぐるしく進化していくiPhoneの歴史を見てみるといくらでも新たな発見が生まれます。

〈当サイト関連リンク〉
進化するにつれバッテリー性能も上がっており、昔よりも長く使えるようになりました。それでもやはり消耗するとバッテリー持ちが悪くなってしまうので、充電が減りやすいと感じる方はこちらのサイトを参考にしてみると良いでしょう ⇒ iPhoneのバッテリー